PHP 基礎 | 初心者

今まで学習したことを整理する記事。

PHPはWEB系のプログラムを作る時によく使われるプログラミング言語。その中でもスクリプト言語に分類される。

スクリプト言語とは簡易的なプログラミング言語の事。
そのためPHPはWEB系の単純なプログラムを書く時によく使われる。

WEB系でよく使われるスクリプト言語にJacaScriptがあるが、JavaScriptはクライアントサイドで動くのに対して、PHPはサーバーサイドで動くという特徴がある。

PHPを使うことでユーザーの情報に応じて様々なhtmlを生成することができる。これを動的なWEBサイトといい、ショッピングサイトや掲示板などが該当する。クライアントから送信された情報をもとに、PHPプログラムがサーバーサイドで動作し、結果として生成されたhtmlソースコードをブラウザが解釈し表示されている。

PHPはスクリプト言語なので単純なプログラムなら簡単に書くことができる。
今回はhtmlの中に埋め込む方法で簡単なプログラムを動かしてみる。

PHPの書き方

<?php 処理; ?>

PHPのコードが記述されたファイルの拡張子は「.php」にする必要がある。
<?php ?>で囲まれた部分がPHPプログラムと認識される。
また1つ1つの処理の最後に「;」をつける必要がある。

htmlの中にphpのコードを書いてみる。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
<title>はじめてのphp</title>
</head>
<body>
<?php
print "はじめてのphp";
?>
</body>
</html>

これは「はじめてのphp」という文字列を出力するだけの簡単なプログラム。printは文字列を出力するときに使う。
ブラウザ上では次のように表示される。

はじめてのphp

このページのhtmlソースコードを表示すると次のようになっている。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>はじめてのphp</title>
  </head>
  <body>
    はじめてのphp
  </body>
</html>  

phpプログラムはクライアントサイドで実行されていないのが確認できる。
phpプログラムはサーバーサイドで実行され、結果として出力されたhtmlソースコードがクライアントサイドへ送信される。

phpでよく使うプログラムに条件分岐繰り返しがある。

条件分岐(if文)は次のように書く。

if(条件式){
  真の時の処理;
}

条件式に当てはまった時に処理を実行する。
ちなみに条件式に当てはまることを真(true)といい、当てはまらないことを偽(false)という。
偽の時の処理を追加したいときは次のように書く。

if(条件式){
  真の時の処理;
}else{
  偽の時の処理;
}

実際にプログラムを書いてみる。

<?php  
  if($a >= 50){
    print "合格";
  }else{
    print "不合格";
  }
?>

このプログラムは変数$aの値が50以上の時「合格」という文字列を出力し、そうでない場合は「不合格」という文字列を出力する。

繰り返し文(for文)は次のように書く。

for(初期値; 条件式; 増減式){
  処理;
} 

実際にプログラムを書いてみる。

<?php  
  for($i = 1; $i < 10; $i++){
    print "条件が当てはまる間処理を繰り返す";
  }
?>

このプログラムの意味は、初期値は1、増減式は1づつ足していく、条件式は10より小さい間繰り返す。繰り返している間の処理は「条件が当てはまる間処理を繰り返す」という文字列を出力する。
その結果「条件式が当てはまる間処理を繰り返す」という文字列が9回出力される。

ここで紹介したものはほんの一部で正確性もない。
網羅的に正確な説明をしているサイトがこちら
PHP公式マニュアル

分からないことがあったらまずここで調べよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami