遅刻したら焼肉食べたくなった

布団の上でゴロゴロしていたら電車に間に合わなかった。
その結果3分遅刻し、私の事を待っていた為に授業が3分間行われなかった。

自分の性格として、他人に時間を奪われたくないという感覚がある。
時間を奪われたくないという表現は、他人のために時間を使いたくないとか、自分の時間だけで生きていたいとか、そういう感じとは違う。
なんというか、自分がやりたいことや、やるべきことの邪魔をされたくない、という感覚に近い。

労働者派遣業務を行っていた時に工場のライン作業を行っていた一人の女性の事を今でも思い出すことがある。ある日工場に怒号が響いた。単純な作業でミスをした女性に対して、リーダー(いろいろな呼び方があるが、現場作業員数人をまとめる代表者的な人)がどうしてそんなこともできないのかと注意したのだ。女性はひどく落ち込んでいる様子だった。その時に発した言葉が「私はこんな仕事しかできないから」だ。
彼女は30歳前後で性格は優しく元気だ。趣味の話も面白かった。だからもっといろいろな生き方があるはずだし、何でもできるはずだ、と思ったけど言えなかった。
社会人になりたて21歳の自分にそんな事を言う権利はないと思ったからだ。一歩間違えれば彼女の人生を否定することになるとも思った。

過去の経験が影響しているかは分からないけど、少なくとも今の私は時間をとても大切だと思っている。
そんな大切な時間を人を巻き込んで無駄にした。

そこで今回は遅刻したことによる損失ははたしてどれくらいなのか気になったので金銭的な側面から考えてみる。

前提
・遅刻して授業が行われなかった時間:3分
・クラスメイトの数:30人
・2年間の学費:3,046,000円(1年間の諸費用1,373,000*2+入学費300,000)
・2年間の授業時間:約1800時間=108,000分
・学費はすべて授業時間に対して支払っていると仮定する

学生1人が授業時間1分に支払っている金額
・3,046,000÷108000≒28.2円

学生30人が授業時間3分に支払っている金額の合計
・28.2*3*30≒2538円

結論:108,000分の授業を受けるために3,046,000円を支払っている場合、30人クラスで1人が3分遅刻し3分間授業が進まなかった時、30人の損失金額の合計は約2538円。

・・・

・・・

・・・

焼肉食えるじゃん…

ちなみに今ミスドでお昼ごはん食べてます。
今日を初めて外出中にブログを書いた記念日とします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
Close Bitnami banner
Bitnami